最新エントリー
バックナンバー
『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声』の特徴がひと通りわかる冒頭のプレイ動画が公開
2014.07.22(火)

 関東甲信地方では梅雨が明け、全国的には学生さんの多くが夏休みに突入、ということでいよいよ夏本番がスタート。そんな夏の夜に少しだけヒンヤリさせてくれる推理アドベンチャー『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声』も先週ついに発売。本作は本格的なホラーというワケではないですが、主人公はゴーストとなり、自分自身も被害者となった連続殺人の捜査する、という異色の作品。過去に魔女裁判が行われたことで有名な実在する街セイラムを舞台に、ドキッとする禍々しい展開も手伝って時間も暑さも忘れるほどのめり込める作品。そんな本作の冒頭イベント後のプレイ動画が公開。本作の魅力がひと通り紹介されているので、ぜひチェックしてほしい。





※『MURDERED 魂の呼ぶ声』公式サイト
(C) 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by SQUARE ENIX CO., LTD. and Airtight Games, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』極まった新要素をまとめて紹介
2014.07.17(木)

 モンスターを倒し、獲得した報酬でキャラクターを強化していく“ハック&スラッシュ”系RPGの最高峰『Diablo(ディアブロ)III』にシリーズ最強の敵、死の天使マルサエルが降臨する第5章と、新要素が多数盛り込まれる『Diablo III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』。2014年8月21日の発売まで1ヵ月強に迫った今回は、プレイヤーを熱狂へと誘う新要素をまとめて公開しよう。

 ■戦闘関連の変更点――最凶難度“トーメント”

 【難易度設定】

 ゲーム難易度にもいくつか変更が施された『リーパー オブ ソウルズ』。 『Diablo III』のノーマル、ナイトメア、ヘル、インフェルノといったモードがなくなり、 代わりにハード、エキスパート、マスター、トーメント (トーメントはさらにI~VIまでの区分が存在)という難易度が存在する。 高い難易度では敵が手強くなる分、より強力なアイテムを手に入れることができる。しかも、本作ではストーリー・モード、アドベンチャー・モード(下記参照)ともに、いつでも好きなときに難易度変更が可能だ。

Torment

▲トーメントの中でも、もっとも難度が高いVI。敵から“皇族ランク”の宝石がドロップできるなど、手に入るアイテムも強力。

 

■ストーリー・モードとアドベンチャー・モード

 本作では、大きく分けるとストーリー・モードとアドベンチャー・モードというふたつのモードを楽しむことができる。

 

 ストーリー・モードでは、前作『ディアブロ III』のストーリーI章~IV章までに加え、完全新規の物語となる第V章が楽しめる。ここではゲームに登場するすべてのクエスト、シネマティック、NPCとの会話などを堪能でき、プレイヤーは世界の命運を左右する英雄となって壮大な“ディアブロ・サーガ”の最新章を体験します。

 

 一方のアドベンチャー・モードは、プレイヤーの好きなようにゲームが楽しめる新しいモード。アドベンチャー・モードをプレイするためには、ストーリー・モードをクリアーする必要がある。このモードではすべてのウェイポイントがオープンになっており、プレイヤーは自由にサンクチュアリ各地を冒険することが可能だ。

Enchantress

▲どちらのモードでも前作に登場した冒険の仲間“従者”が再登場。彼らにもまた、再び戦う理由が……。

 

■戦略性が増した探索とバトル

 与えられた目的をクリアーしていく“報酬クエスト”や、ダンジョンの深淵を目指す“ネファレム・リフト”など、底なしのやり込み度を誇る新たなチャレンジが追加された本作。制限時間内に連続して敵を倒し続けることで入手経験値にボーナスが付くマサカーや、破壊可能なオブジェによる移動スピードアップなど、戦闘でできることも大幅に増えている。ここでは、ダンジョン探索に、前作とはひと味違う戦略性をもたらす3つの新要素をチェックする。

 

【報酬クエスト】

サンクチュアリにはさまざまなイベントが用意されている。新生ホラドリムの任務に協力し、絶えず変化する予測不能なクエストに挑もう。完了すれば大量のゴールドや経験値はもちろん、多くのアイテムが詰まった“ホラドリムの箱”が手に入ることも。また、異次元への扉を開く鍵“要石”も報酬クエストで獲得できる。

Bounty_01

▲報酬クエストでは、ウェイポイント・マップ上の報酬クエストが表示されているダンジョンやフィールドへ移動し、設定された目的を達成すれば、ゴールドや経験値、アイテムを手に入れることができる。

Bounty_02

▲報酬クエストの目的はダンジョンの制圧や、敵の殲滅などさまざま。

Bounty_03

 

マサカー

 “マサカー”は、モンスターを10体以上連続して倒すと発動する。10体以上連続してモンスターを倒すと、画面上にキル数がカウントされ、連続キルが途切れるまでの時間が導火線となって表示。その導火線が消えるまでに次のモンスターを倒すことで、キル数がカウントされ続け、連続キルが途切れると、それまでの連続キル数に応じて経験値ボーナスを得ることができる。また、キル数に応じてパワー・オーブが出現しやすくなる。

Massacre_00

▲キル数が増えるほど、連続キルが途切れるまでの時間が短くなる。強さや数に応じて敵を倒す順番を調整し、連続キル数を稼ごう。

Massacre_01

Massacre_02
Massacre_03

 

トラップキル

 前作にも登場したフィールド上の罠を利用してモンスターを倒すと、本作ではリソース(フューリーやマナ等)の増加が一時的にブーストされるようになる。

Trapkill_01

▲一度に複数のモンスターを罠で倒すことで、リソース増加の継続時間が増加する。うまく敵を誘導して、罠で一網打尽にしよう。

Trapkill_02
Trapkill_03

 

デストラクション

 フィールド上の破壊可能なオブジェクト(樽や壷、設置物等)を破壊すると、移動速度が一時的にブースト。連続して多数のオブジェクトを破壊し続けると、移動速度のブースト時間が延長される。

Destruction_01

Destruction_02
Destruction_03

 

■さまようごとに強くなる進化する敵、ネメシス

 

 ソロプレイ時に現れる強敵、ネメシス。プレイヤーが倒されると、ネメシスがパワーアップしてフレンドのマップに出現。フレンドが敵討ちに成功すると、豪華なアイテムが入手できる。一方、フレンドが返り討ちに合うと、ネメシスはさらに強さを増して、ほかのフレンドを狙うようになる。最後まで倒せなかった場合は、その場で消滅。

D3_xa_PS4_Nemesis_AD_02

D3_xa_PS4_Nemesis_AD_03

D3_xa_PS4_Nemesis_AD_05

 

■マルチプレイ関連の変更点――レベル差があるフレンドとも協力しやすく

 最大4人で楽しめるマルチ協力プレイでは、新たに見習いモードを追加。参加メンバーの中でいちばんレベルが高いプレイヤーに、ほかのプレイヤーのレベルが自動調整されるため、レベルが離れたフレンドとの協力プレイも楽しめる。また、街に設置されたメールボックスを通して、フレンドにアイテムや宝石、ゴールドを送れるのだ。

D3_x1_PS4_Apprentice_Mode_AD_01

▲参加メンバーのレベルが離れていても、いっしょにCo-opを楽しめるようになった。経験値やドロップアイテムはもとのレベルに応じて入手。

D3_x1_PS4_Apprentice_Mode_AD_02

Mailbox

Gift

 

■武具に力を授ける秘術師が追加

 秘術師ミリアム・ジャージアは、プレイヤーの装備を強化してくれる頼れる存在。“毒ダメージ”、“移動速度プラス”など、変更したい特性を選択すると、ランダムで生成された新たな特性が複数表示され、その中から変更したい特性を選択し決定することで、古い特性に変わって新たな特性を追加できる。また、性能を維持したまま武具の外見も変えられる。

Mystic_01

Mystic_02

Mystic_03

Transmog_01

 

※『Diablo III(ディアブロIII) リーパー オブ ソウルズ アルティメット エディション』公式サイト

(C)2014 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Diablo, Reaper of Souls, Ultimate Evil Edition, Blizzard, and Blizzard Entertainment are trademarks or registered trademarks of Blizzard Entertainment, Inc., in the U.S. and/or other countries. All other trademarks referenced herein are the properties of their respective owners.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメイジング・スパイダーマン2』の日本語版がスクウェア・エニックスから9月4日に発売決定
2014.07.17(木)

 スクウェア・エニックスの海外ゲームタイトル専門レーベル“SQUARE ENIX EXTREME EDGES”に『アメイジング・スパイダーマン2』(開発:Beenox)の日本語版が新たにラインアップされることが発表された。対応機種はプレイステーション4、プレイステーション3、発売は2014年9月4日(木)、価格は7800円+税。


ASM2_0001_P1


ASM2-Night Aerial Shot


 本作は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの同名映画をモチーフにした、シングルプレイ専用のサードパーソン・アクションゲーム。世界中で人気を誇るスーパーヒーロー、スパイダーマンを自由自在に操りながら、ゲームならではのストーリーと爽快感が楽しめる。

以下、リリースより抜粋。

 “映画をベースにしつつも、ゲームならではの新鮮なストーリーを皆さんに提供できるよう、Marvel社と密接にコミュニケーションをとりながら開発を進めました” と、Activision社Vice President兼General ManagerのKurt Nierderloh氏。 “スパイダーマンの正体であるピーター・パーカーにスポットライトを当てながら、エレクトロやキングピン、グリーン・ゴブリンなど、お馴染みのヴィラン(悪役)がゲーム独自のストーリーを彩ります。”

 2012年に発売された前作『アメイジング・スパイダーマン』から2年、開発会社のBeenoxはゲームの基盤となる部分に更なる進化を求めました。ニューヨーク市のマンハッタン島をキャプチャした箱庭では、リアルな景観の中を自由自在に冒険し、様々なチャレンジやサプライズ要素に没頭することが可能です。 “プレイ要素を増やすだけでなく、プレイヤーの皆様が今まで以上に楽しみながら遊んでいただけるようなゲームを目指しました。” とBeenoxのCo-Studio HeadであるThomas Wilson氏は語ります。“「ヒーロー/メナス」システムの導入から戦闘システムの改良など、『The Amazing Spider-Man 2』は前作と比べて様々な進化を遂げています。これらはすべて、ゲームの多様性と、何よりも「楽しさ」を追求したことによって実現されました。

■初回生産特典
 「アメイジング・スパイダーマン2」をご予約、早期ご購入頂いた方へ初回生産特典として、下記の追加ダウンロードコンテンツを差し上げます。
BLACK SUIT/ブラックスーツ
このコスチュームは恐ろしい秘密を宿していた。後にヴェノムとなるシンビオートがブラックスーツに宿っているのだ。
Black suit

 

■各種特典
【Amazon.co.jp限定特典】
 全店共通初回生産特典に加え、Amazon.co.jp限定特典として、下記追加ダウンロードコンテンツをご用意いたしました。
SPIDER-MAN NOIR SUIT/スパイダーマン・ノワール スーツ
パラレルワールドでのピーター・パーカーは1930年代にスパイダーマン・ノワールとして犯罪や不正と戦ったとされている。
Noir_1920x1080

【TSUTAYA限定特典】
 全店共通初回生産特典に加え、TSUTAYA限定特典として、下記追加ダウンロードコンテンツをご用意いたしました。
COSMIC SPIDER-MAN SUIT/コズミック・スパイダーマン スーツ
このコスチュームを身に着けていれば、重大な危機が迫った時、選ばれし者として宇宙が力を授けてくれるだろう。
Cosmic spider_1920x1080

【映画版「アメイジング・スパイダーマン2」Blu-ray& DVD限定特典】
 8月22日(金)に発売を予定している、映画版「アメイジング・スパイダーマン2」のブルーレイ、若しくはDVDをご購入頂くと、下記の追加ダウンロードコンテンツをプレゼントいたします。
IRON SPIDER SUIT/アイアン・スパイダー スーツ
このコスチュームは、最新のテクノロジーでスパイダーマンの持って生まれた才能をさらに覚醒させる。
Ironspider_

■「アメイジング・スパイダーマン2」ブルーレイ&DVD情報
 スパイダーマン史上最大熱量で加速する究極のアクション・エンタテインメント! 『アメイジング・スパイダーマン2』2014年8月22日(金)3D/2Dブルーレイ&DVDリリース決定! 7月25日(金)デジタル セル/レンタル先行配信スタート。商品ラインアップは→こちら
ASM2_movie

ASM2_sellBD_H1_03

(C) 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ? & (C)2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.
発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


Marvel Entertainment, LLCについて
 The Walt Disney Companyが完全所有するMarvel Entertainment, LLCは70年以上の歴史を誇るキャラクター・エンタテインメント業界の最大手であり、これまでに様々な媒体を通して8,000以上のキャラクターを生み出してきました。Marvel社は同社が保有するキャラクターをエンタテインメント、ライセンス供与および出版活動に利用しています。詳細はwww.marvel.comをご確認ください。

Activision Publishing, Inc.について
 カリフォルニア州サンタモニカに拠点がある全世界規模でインタラクティブエンタテインメントと娯楽を開発、出版、流通する会社です。
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、オーストラリア、韓国、中国と一部の台湾にも支部があります。Activisionとその製品についてはウェブサイトにてご確認ください。


※ゲーム『アメイジング・スパイダーマン2』公式サイト
(C)2014 Activision Publishing, Inc.
※画面は開発中のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日発売! 『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声』自分を殺した犯人を追う、という奇妙な体験――プレイインプレッション
2014.07.17(木)

 『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声』は、主人公の刑事・ロナンを操って、“ベル・キラー”と呼ばれる連続殺人犯を追う推理アドベンチャーゲームだ。驚くべきはその設定。なんと、ロナンはゲームの冒頭でベル・キラーに殺されてしまう。プレイヤーは、ゴーストになったロナンを操り、ベル・キラーを追うことになるわけだ。

01

02

 

 “ゴースト”と聞くとホラーゲームを想像してしまいがちだが、あくまでも本作の主軸となっているのは推理アドベンチャー。犯行の痕跡を調査しつつ、頭を働かせながら犯人を追い詰めていく。手掛かりを見つける際には、“憑依”や“ポルターガイスト”といったゴーストならではの能力を駆使することで、誰よりも先んじて操作を進めることができるのだ。犯行の目撃者の思考を読み取ったり、警官に憑依して思考を操作したりと、これがゴーストになったロナン流の捜査方法だ。ときには、事件とは関係ない街の人々の思考を垣間見ることもでき、探索しているだけでも楽しめる。

03

▲ロナンは生きている人間に憑依できる。憑依した後、相手が情報を持っているようなら“思念操作”や“盗み聞き”、“のぞき見”といった能力も使用可能。

04

▲ポルターガイストを使用すると、電気機器が誤動作を始める。人の注意を引きつけたいときに役に立つ能力だ。

 ここで、本作の舞台となっているセイラムという街や登場人物を紹介しておきたい。セイラムは、アメリカのマサチューセッツ州にある実在の都市。1600年代に“魔女裁判”が行われたという伝承が残っており、いまやそれが観光のひとつになっているほど。ミステリー、オカルトファンにとっては馴染みの深い場所といえる。そんな現代のセイラムが舞台となっている本作では、連続殺人犯ベル・キラーの登場によって人々は怯え、夜はほとんど出歩く者はおらず静寂に包まれている。プレイを進めれば、不気味な雰囲気に包まれた街、そして恐怖する人々の声が肌で感じられるだろう。続いて本作に登場する主要人物を紹介する。

 

 本作の主人公、ロナン。若い頃は犯罪に手を染めることもあったが、後に妻になるジュリアと出会って更正する決意をし、刑事になる。しかし、幸せな時間は長くは続かず、ジュリアに先立たれてしまう。その反動から、死に急ぐように捜査に没頭し、結果としてベル・キラーに殺されることに……。

05

 

 ロナンの上司、レックス。セイラム市警の警部補であり、ジュリアの実兄。つまり、ロナンにとっては直属の上司であり、義理の兄でもあった。荒くれ者だったロナンに救いの手を差し伸べ、警官になるきっかけを与える。

06

 

 ロナンの同僚、バクスター。セイラム市警のベテラン刑事。荒々しい言動が目立つため周囲から疎まれており、ロナンとも争いは絶えなかった。一方で正義感は人いち倍強く、犯罪者は裁かれるべきだと思っている。

07

 

 セイラムで母親とふたりで暮らしている少女、ジョイ。母親は、ゴーストと交信できる霊能者で、ジョイもその力を受け継いでいる。ロナンがベル・キラーに殺されるところを目撃している。

08

 

 セイラムの人々を恐怖させる連続殺人犯、ベル・キラー。警察も正体がまったく掴めておらず、殺害現場に鐘のマークを書き残すことから、“ベル・キラー”と呼ばれるようになった。素性や目的などはいっさい不明。フードで顔を隠していて、ロナンも顔を見ることはできなかった。

09

 

 物語を進めるには、“捜査”の表示が出る場所で推理を行い、ベル・キラーに繋がる手がかりを見つける必要がある。捜査の現場では、調査できる場所が複数用意されており、調べていくことで推理に必要なキーワードが集まっていく。そして、入手したキーワードから、ベル・キラーに繋がる情報を導き出すのだ。推理が間違っている場合は、必要なキーワードの選択ミスか、キーワードそのものが不足しているハズ。ひとつひとつ丁寧に操作するといいだろう。究極的には総当りで正解を導き出すこともできるという敷居の低さも、本作の魅力のひとつだろう。ふだん、あまり推理アドベンチャーはプレイしない筆者でも、推理が難解すぎてなかなか進めないということもなく、テンポよく物語が楽しめた。間違えた選択をした場合は記録に残るので、ノーミスで事件の解決を目指す、といった楽しみかたもできる。さらに、物語を進めていると、ベル・キラーとは関係ない事件に遭遇することもある。自分の推理力を試す絶好の場所なので、成仏できていないゴーストを発見したら話しかけてみよう。

10
11
▲トラブルを抱えたゴーストに近づくと“助ける”コマンドが実行できる。事情を聞いて、彼らが成仏できない原因を突き止めよう(写真左)。ゴーストを助ける過程で、ベル・キラーとは関係のない事件を捜査することも。手がかりを集めて推理するという捜査の流れは同じだ(写真右)。

 

 ゴーストになったロナンは、生きている人々から視認されることはなく、封印が施された青白く魔除けが施された物や、ダスクの物以外なら障害物に関係なく自由に移動できる。そんなロナンにも“悪霊”と呼ばれる脅威が存在する。悪霊に見つかると食い付かれ、そのままにしているとゲームオーバーになってしまう。悪霊の視界にさえ入らなければ襲われることはないので、悪霊の姿を確認したら人や動物に憑依するか、至るところに存在する“避難オブジェクト”に隠れれば、安全に進むことができる。さらに、気取られないように背後から近づけば、除霊することも可能。ステルスアクションの要領で、悪霊との駆け引きが楽しめるわけだ。

12
13
▲避難ポイントは至るところに存在する。しかし、避難しても悪霊が近いと見破られることもある。そんなときは、避難ポイントを渡り歩いて離れよう(写真左)。悪霊を浄化すれば安全に移動できる。浄化の際にはコマンドの入力が求められることもあるので、捉えても油断は禁物(写真右)。

 

 事件現場やセイラムの街を探索していると、“サイドクエスト”と呼ばれるコレクションアイテムが発見できる。サイドクエストを入手すると、上で紹介した主要人物たちの身の上話やセイラムの歴史などが垣間見られる。読めば事件への理解度が深まるだけでなく、登場人物の思考なども分かるようになってくるので、よりこの作品にのめり込めるはず。サイドクエストは、見つけにくい場所に落ちていることが多いので、事件とは関係ない場所でも隅々まで見て回ることをオススメする。

14

15

▲ロナンの半生を振り返る内容のサイドクエストも少なくない。ロナンが歩んだ人生も、またひとつのストーリーとして楽しめる。

 

 手掛かりを探して推理する緊迫感と悪霊から逃れる緊張感。本作では、この種類の違うプレッシャーを交互に味わいながらベル・キラー追うことになる。謎が謎を呼ぶストーリーや魅力的なキャラクターたちのリアルな演技と仕草。海外ドラマのような息もつかせぬ展開で、筆者はクリアーまでぶっ続けでプレイしてしまったほどのめりこんでしまった。なぜ事件は起きたのか、そして、なぜロナンは殺されたのか。終盤には、あっと驚く展開も……。夏の夜にぜひオススメの一作だ。

 

(Text by 堤教授)

 

※『MURDERED 魂の呼ぶ声』公式サイト

(C) 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by SQUARE ENIX CO., LTD. and Airtight Games, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声が』PS4、PS3、PC版がいよいよ今週発売、ローンチトレーラーが公開
2014.07.15(火)

 スクウェア・エニックスからいよいよ今週2014年7月17日(木)に発売されるプレイステーション4、プレイステーション3、およびPC用ソフト『MURDERED(マーダード) 魂の呼ぶ声』(※Xbox One版、Xbox 360版は2014年9月4日(木)発売予定)。

 これまで紹介してきた通り、本作は連続殺人犯“ベル・キラー”に殺された主人公がゴーストとなり、自分自身の殺人事件を捜査していく推理アドベンチャー。ゴーストとなった主人公ロナンは、“ダスク”と呼ばれる死者の世界から抜け出すに事件の真相、そして犯人を突き止めなくてはならない――。

 本作はスクウェア・エニックスの塩川洋介氏がディレクションを務め、アメリカ・シアトルにあるAirtight gamesとのコラボレーションによる開発体制で制作。海外産の作品でありながら、日本のセンスも注入されている、という点においても注目すべき作品となっている。



※『MURDERED 魂の呼ぶ声』公式サイト
(C) 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by SQUARE ENIX CO., LTD. and Airtight Games, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインナップ
最新トレイラー